オンライン英会話スクール業界No.1 レアジョブさんに突撃インタビューしてきました(前編)

オンライン英会話スクール業界No.1の講師数・レッスン数を提供している業界最大手のレアジョブさんに機会をいただき、
本社に突撃インタビューしてきました。

お忙しい中、このような機会を作っていただいたレアジョブさんに本当に感謝いたします。

実際にスクール運営を行なっている方に直で話しを伺うことができ、ホームページ上からは窺い知りにくい
オンライン英会話スクールにかける意気込みや想いを存分に肌で味わった感じがしました。
またレアジョブさんが気になる方の参考になる情報が聞けたかと思います。

 

Acquisition担当の山田さん、小松さんに答えていただきました。
Acquisition担当の山田
写真:今回、質問に答えていただいた担当の山田さん。

インタビューでは多くの質問に答えていただきましたので、前後半に分けて紹介いたします。
前半戦は主にレアジョブさんの特徴についてです!


Q1.まずはじめにスクールの特徴について教えて下さい。

主に3つの特徴があります。1点目は1レッスンあたり129円という安い価格帯と時間としては25分というものを業界標準として作ってきたところがあります。今までの高いと感じられる英会話スクールから、安くて誰でも受けられる英会話というものを目指しています。2点目は講師の数が非常に多いことで、現在は3000名の講師が在籍しております。講師が多いメリットは、お気に入りの講師が見つけやすいことがあります。英語は学習という側面もある一方で、英会話は会話というコミュニケーションの側面も非常に強く、会話が盛り上がったり、楽しめることが英語力の向上には重要でないかと考えております。3点目は、現在のレッスン数は合計で600万程度実施している実績と会員母数の大きさです。この特徴は今後力を入れて活かしていきたい部分で、大きな母数の貴重なデータを持っているというメリットを利用して、ユーザー様が楽しく英語力を伸ばせる英語学習法などを提供していきたいと感じております。


Q1-2. 特徴の3点目としてあげられた母体数の大きさを活かした具体的な施策としてはどのようなものがありますか?

先月にはUstreamを用いて「レアジョブ学習法」を紹介するといったユーザー参加型のイベントを行いました。ユーザーの皆様からレアジョブを用いた学習法をツイッターを用いて呟いていただき、その中から素晴らしい学習法に関してはUstreamで配信を行うという交流会を行いました。会員母数が大きいからこそ出来る試みだと感じております。今後もこのような、「レアジョブ、ユーザー間」「ユーザー様同士」の交流を深め、蓄積されたノウハウを共有できるようなイベントを予定しております。将来的にはシステム化してより便利なものにもしていきたいと考えております。


Q1-3.会員さんは現在、何人ぐらいいるのでしょうか?

アクティブのユーザー数に関しては公開できないのですが、無料体験を含めた数ですと12万人ほどとなっております。


Q2.気になっていたのですが、レアジョブ(RareJob)の意味は?

オンライン英会話スクールとはあまり関係ない名前なので不思議に思われる方も多いと思います(笑)。もともとは"Equal chances for everyone, everywhere"という経営理念というものがありまして、日本側では英語が出来る事になるようになって仕事や出会いの機会やチャンスが増える、フィリピン側でも雇用機会が少ない優秀な方に対して雇用機会が増えるといった、双方への仕事などの機会を創出したいという思いからこの名前になっています。またそういったビジョンに惹かれたスタッフがこの会社には多いですね。


Q3.私は昔にレアジョブさんを体験させていただいたことがあるのですが、過去から変わっている部分はありますか?最近のおすすめは?

やはりユーザー様の母数があるという特徴を生かして新しい試みに挑戦しております。今までは英語学習は「挫折の連続」で、とにかく繰り返すことが英語力向上の道という部分もありましたが、弊社としましては、今後は今までの経験を元に「学習法の提供」の充実を進めて、「挫折の連続」をしなくてもいいように「道」を提供することを進めております。現在ではツイッターなど便利なツールがありますので「お悩み相談」といった形で、コミュニケーションを深め、疑問点などをすぐに解消できる仕組みを作り始めております。

一例を挙げますとレアジョブを利用していて伸びている方の学習法では「予習・復習」をしっかりしていて、その中でも「復習」に重点を置くといいなんてことが参考になりました。というのも社会人の方ですと「予習」までは時間がなかなか取りにくい、でも復習だと結構出来るというものです。Evernoteなどのツールをうまく使うことで復習を効率良く進めている方もいて非常に参考になりました。授業のレッスンを録音して通勤時などに聞いている方も結構多いようです。

コミュニティを深めることではツイッターなどを利用すれば「今日は疲れてやりたくないな」と思っていても励まし合う事で頑張れる方多く、やはりコミュニティ部分でのサービス向上を目指していきたいと考えております。


Q4.情報流出の件がありましたが被害がどの程度だったのですか?また、現在どういった対策をされていますか?

情報流出の問題では実際にハッキングの被害にあった部分は事実です。ただ幸いにも今のところそれによる被害に関しての届出は出ていません。その理由としては保有している情報にはクレジットカードの情報などはなかったので、2次被害にはもともと合いにくい情報だったということが大きいと言えます。あとはセキュリティシステムベンダーさんに調査を頂いておりますが、今のところ被害は発見できていないと報告いただいております。

ただし情報流出の可能性がある状態だったのは事実だったため、一旦全サービスを停止させる処置を取らせていただきました。その時点で生徒様に多大な不便を被らせてしまったのですが、情報開示の対応が非常に早かったこともあり、弊社として心配していたユーザー数の減少などの影響などは少なくホッとしている状態です。

対策に関してですが、情報流出の事件以来、システムのセキュリティはもちろんのこと弊社スタッフの行動なども厳しく管理する体制を整えております。以前から持っているシステムに関しては脆弱性に対する診断をかなり厳しく行なっておりOKで無い限りサービスとして提供しない体制になっています。

一番大きいのは社内体制の変更となります。以前はサービス提供のスピードを重視していた部分もありましたが、現在はセキュリティに対して対策できる人材を整え、サービ提供の手順にセキュリティに対する工程確認を行なってからでないとサービスを提供しないという方向でサービス提供を進めております。


Q5.レアジョブさんはオンライン英会話スクールでは業界No.1で先駆けのような存在ですが、追随してきている他社さんも多いと思います。そいういったところで他社さんとの違いやメリットはどういったところになるでしょうか?

違いやメリットで一番大きいところは講師の数と合計のレッスンの数の多さだと思います。ただ実際のレッスンは1対1のマンツーマンレッスンですので、多い人数を如何に活かしていくかが弊社の課題だと思っております。規模の大きさをうまく活用できるように生徒と講師のマッチングをより便利に進めていくことが現在のサービス向上の目標です。


Q6.料金プランが幾つかありますが、一番人気があるプランはどれですか?

圧倒的に「毎日25分」になります。


Q6-2.それでは具体的に「毎日25分」のコースを取っている方はどういった受講スタイルでレッスンを受けていますか?またどういった受け方を提案したいですか?毎日受けるってやはり厳しいですよね?(笑)

そうですね。やはり一番英語が伸びる要素というのは「何かしら英語学習を続けた方」だと思います。これは弊社に限らず、どの教材やツールを使っても続けた方が結果的に伸びると感じております。そういう意味では、低すぎず高すぎずという目標を設定して続けるのが大事だと思っております


Q6-3. 続けるという観点で見ると会員の中で成功している方ってどんな方ですか?

2,3日に1回のペースで受講されている方がいい目安と思います。始めに毎日連続して受けられている方の中には、途中でがくっとペースが落ちてしまう方が多いです。上達している方をみると、月に15回から20回ぐらいが良いペースなのではないかと思います。


Q7. 個々人の能力や目標設定によると思いますが、だいたいどれぐらいで英語力が伸びた実感が沸くでしょうか?

生徒様によるので難しい質問になりますが、自分の体験から一つ例をあげますと大学卒業程度で、英語を学習してきた方であれば、3ヶ月ぐらいで慣れによる「聞ける・喋れる」という実感が沸くと思います。ある程度単語を知っている段階では「聞く・話す」といったことに慣れてないというのがあり3ヶ月ぐらい我慢して続けると成果として実感できました。その後1年、2年続けたことで海外で仕事が問題なく出来る程度になると感じております。


前半は主にレアジョブさんの特徴や、生徒の皆さんがどうやって活用しているかなどについて質問しました。
レアジョブで実際にレッスンを受けてどのように活用したらいいのか参考になればと思います。

後半は、オンライン英会話スクールに対する疑問点・不満点などを、
実際にBestChoiceに寄せられる体験談などを参考に質問してみました!


↑レアジョブのレッスンが気になったという方は、是非無料体験をどうぞ!

 

>>オンライン英会話スクール業界No.1 レアジョブさんに突撃インタビューしてきました(後編)