失敗しないオンライン英会話の選択 その3 【講師】

オンライン英会話を選ぶ場合に調べておきたいポイント。

3つ目は講師・先生です。

英会話スクールでは講師は重要なポイントですね!
講師さえ良ければ、後はどうでもいいという方もいると思います。

このページではオンライン英会話スクールの講師に関する特徴を書いています。

講師の選択(選択制、担任制?)制度をチェック

オンライン英会話スクールでは、生徒が予約時に講師を選択するタイプ。
担任を選択するタイプ、選択はスクールに任せるタイプがあります。

それぞれの特徴とメリットデメリットですが

・生徒選択制の場合

 メリット 自分と息の合う先生を選ぶことができますので、ハズレを引く可能性が低くなります。サービス面では優れた制度ですね。
 デメリット  人気講師はいつも予約ぎっしりで、自分の都合のいい時間は予約ができないと言ったことも考えられます。

選択する目も持たないといけませんので、やや中級者向けといえるでしょう。

・担任制の場合

 メリット 先生が生徒に合わせたレッスンをしてくれるので、効率のいいカリキュラムを組んだレッスンが出来ます。初心者には向いているでしょう。
 デメリット いつも同じ先生ですので、慣れが出てきてしまいます。
慣れてくると、色々な英語にもまれる状態に比べて学習効率が落ちそうです。

・選択はスクールに任せる場合

 メリット スクールの経験から選んでくれるので、自分にあった先生を選んでくれます。めんどくさがりには良さそうです。
 デメリット やはり教えるのが下手な先生に当たった場合のショック度は大きいところでしょう。

選択方式に関しては、人それぞれで良さ悪さが違うと思います。
概ね、初心者の方は選択はスクールに任せてレッスンに集中、
ある程度固定した先生で慣れていくこと。
中級ぐらいから、自分で選択してさらに磨きを掛けるのが良さそうです。

国籍に関して(アメリカ・イギリス等純ネイティブか?フィリピン・インド系か?)

英会話レッスンを受けるにあたり、やはり純ネイティブと言われる
アメリカやイギリス国籍の方からレッスンを受けるのが望ましいと考えるでしょう。

しかし先進国の方の講師料というのは、オンライン英会話といえど高めです。

そこでオンライン英会話クラスではフィリピン人講師を採用しているところが多いです。

「フィリピン人ってどうなの?」と思う方多いと思います。 

これは私の感想ですが、「フィリピン人は物凄くいいと思います!」

まず気になる訛りですが、ほとんど感じられません!


(少し語弊がありますね。訛りがきつい人もいます)

さらにフィリピンの方は第2外国語として英語を習得しています。
つまり、学んで英語を覚えています。そのことより教えるのが非常にうまいです!
これは逆に純ネイティブにはない能力だと私は感じます。

またホスピタリティの良さがあって、現代日本人にとって良い会話相手とも感じます。

ですので私としては安価でレッスンが受けられるフィリピン人講師で
たくさんの経験を積むことが望ましいと思います。
オンライン英会話レッスンではあまり国籍にはこだわらず
講師の教え方の質を自分で確かめて、レッスンを受けるのが望ましいと思います。

その中で、純ネイティブと言われる方ともたまには話してみる方法がいいでしょう。
ネイティブ講師とのレッスンが可能なオンライン英会話スクール

またスクールによっては日本人講師(または日本語が話せる講師)を
用意しているところもあります。

私は英会話レッスンでは日本語の補助は邪魔なものだと思ってました。
ただ実際、日本人講師のレッスンを受けてみると
文化背景などが共通しているので話しやすい、
英語学習に関する日本人の悩みなどを熟知している感があります。
そういった意味で日本語OKはデメリットにはならないと思いました。

初心者の方で、いきなり英語で頑張るのは不安だという方は
日本語補助サービスがあるスクールを選ぶこともいいかもしれません。
日本語講師在籍、または日本語利用が可能な英会話スクール

コメントを残す

サブコンテンツ